読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portal:siro

ダイレクトマーケティングブログ

ラルフ描いた!(※R-18G注意)

一応、途中からモザイクをかけていますが苦手な人は注意。
使用ツール:SAIのみ


1.とにかく描く。鉛筆ツール・ブラシサイズ7・濃度サイズにはチェック入れてあります。設定はリアルの鉛筆っぽく描ければなんでもよかったり。原寸600*800で描きます。


2.ベタ色を塗ります。レイヤ1枚用意して、背景色(だいたい)で塗り潰し、その上にどんどんはみ出しとか無視して色を置きます。
ここからはもう殆ど筆ツールのブラシサイズと色だけ変えて作業です。


3.描きこみます。原則として下にあるパーツから。これは肌→髪の順で塗ってます。肌は髪が確定したらもう一度直します。
今回は背景色と同じ色(パレットに移してあります)で主線も描いてます。やっぱり主線はあったほうが絵が引き締まりますよね…!
髪は延々と、ペン先を細くする&色を濃くするの繰り返しで描きこみ。下塗り時点ではみ出しまくっていた部分も塗って直します。


4.髪のてかりは、私は光を入れるのではなく、こうやって別レイヤで影色を載せてから、


5.20%くらいに薄くします。後で直すので適当でいいです。


6.目は一旦色塗りレイヤをコピーして描きます(失敗したときやり直せるので)描き終わったら髪の毛とか眉とかが上になるように余計な部分を消します。
OKだと思ったらレイヤを合成します。目は頻繁に修正するポイントなので、一応、目を塗る前のレイヤもどこかに残しておきます。


下書きよりずいぶんかわいい顔になりました。
更に口とか細かい部分を直します。コピーペースト使いまくりです。Ctrl+Tの自由変形もすごく重宝します。
ラルフは結構唇が厚いので、難しかったです。あばば。


7.服に入ります。基本的に下にある服から。ちなみにラルフの服、アンダーウェアが未だになんなのか解ってないので*1ここは資料を見ながらざっくり塗ります。次に上着を塗ります。塗ったら、線を書き加えます。なんか寂しかったので思いつきでポケットをつけました。ポケットも目と同じように、レイヤコピー→描き→OKだと思ったらレイヤ統合、です。服の下塗りが雑すぎたせいでここが急に面倒臭くなりました(;´Д`)


8.目と口を直します。1枚レイヤなのでバックアップを取ってから慎重に。
めんどくさいかもですけど、複数レイヤに修正がまたがらないので最近はこっちのほうが楽に思えてきました。

それから手3本と首のスカーフを描きます。一応このレイヤからモザイクかけておきます。


9.汚します。新規レイヤ(陰影)で、ブラシテクスチャを「汚れ」*2にして灰色でざっと塗ります。ぶっちゃけ乗算でもいいと思ったのですが、陰影で土っぽい色が出たので陰影にしました。通常はせっかくつけた影が消えるので×。


10.更に汚します。血は乗算で重ねてたり、とにかく色んなテクスチャやレイヤを試します。複数の効果をつけたレイヤを合成するときは順番に注意。下からやらないとおかしなことになります。
再び1枚のレイヤにします。



11.ランタンを描きます。下塗りの時のブラシの形が丸く出ていたのでそのまま利用します。
炎の赤を塗って白を塗って…。


12.発光レイヤを重ねて光を出します。
これで一応の色塗りは終了。


13.新規レイヤ→背景色で塗り潰し→発光とするとこんな感じになります。これをベースに弄ります。


14.光が当たらない場所を消しゴムで消します。この程度の炎でこんなに明るくなるはずはない&顔に当たる光は多分もっと少ないのですが、演出ということで\(^o^)/

15.目に更に発光を入れ、火の玉を書き加えます。火の玉はピンクで新しい発光レイヤにさらさっさと書き加えれば終わりです。
これでグロ成分が目立たなくなりました\(^o^)/ ついでだし<ハッピーハロウィーン


おかしいな。最初に目指した絵と違う。まあいいや。
完成品はPixivに。[R-18G]

*1:Yシャツにしては皺が多すぎないか?もっと重い素材?なんなのか陰から判断できるほど知識ないです

*2:どこかの配布テクスチャだったと思いますがどこで配布されていたか忘れました…SAIのwikiかな?