読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portal:siro

ダイレクトマーケティングブログ

某氏に。

「おい、大丈夫か?」

ベッドで横たわるひとに、テッドは珍しく心配そうな声を掛けた。

「早退したんだって…?あんま、無理すんなよ。家のことは俺もなるべく手伝うからさ……ん?なんだ?耳貸せ…?」

テッドが耳を寄せる。すると、何を囁かれたのやら。
真っ赤になりながら耳を押さえて、緑の瞳でベッドの上のひとを睨みました。

「……っ!ば、ばか野郎!いいから、さっさと寝てろ!朝飯はもってきてやるから………おやすみ!!」


どたんばたん。
慌ただしく部屋を出ていったテッドの後ろ姿を見ながら、ベッドの上のひとは微笑んだのでした。










/*
おだいじに。