読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portal:siro

ダイレクトマーケティングブログ

惨劇シナリオ『終焉ノ栞』 (コンセプトシナリオ)

終焉ノ栞プロジェクトの楽曲を題材に作成したコンセプトシナリオです。
昨年11月頃に同人CD版の内容を基に作りました。(ニコニコ版猿マネ椅子盗りゲーム、在来ヒーローズ、商業CD版、コミカライズ版の解釈を含んでいません)
在来ヒーローズの解釈を含めて再度作りなおすか迷ったのですが(特にA弥とC太の関係性など)
どうせ商業版が出たらまた変わる&実はコミック版を読んでいない(雑誌は基本的に買わないので単行本待ち)ので、現時点暫定版として公開することにしました。

ちなみに全てHaunted Stageです。
Haunted来てから更に作れるシナリオの幅が増えた気がします。(以前MysteryCircleで完全犯罪ラブレターを作ろうとして挫折している)

ここのシナリオはご自由にお使いください。
ただしテストプレイはしていません。最低限のバランスは取っているつもりですが、予期せぬ穴がある場合もあります。

孤独ノ隠レンボ

『平凡な日常 うんざりだった』

公開シート

ループ回数:3
1ループ日数:5

2日目:呪怨
4日目:冒涜
5日目:蔓延

非公開シート

Y:呪いの人形
X1:拡大する都市伝説
X2:狂っていたのは

男子学生:マジナイシ
女子学生:パーソン
お嬢様:ナイトメア
巫女:ヒトガタ
刑事:ゴースト
サラリーマン:パーソン
情報屋:ポルターガイスト
医者:ホラー
入院患者:ゴースト

2日目:呪怨/男子学生
4日目:冒涜/女子学生
5日目:蔓延/巫女


日常に退屈した男子学生。ある日「ひとりかくれんぼ」という都市伝説《アソビ》を知り、実行してみるとそこには……というヒトガタシナリオです。
ループ突破が比較的容易な代わり、最後の戦いはかなり難易度が高いです。
情報を出さないに等しいゴーストの位置をどうやって特定するかが鍵になるでしょう。
ポイントは巫女が死後活性かつ友好無視ではないヒトガタであること。
「巫女の友好能力を活用する」ことに主人公たちが気づけば、惨劇は容易に回避されうるかもしれません。

☆全ループ共通方針
・巫女の早期殺害を狙ってください
・殺害手段がナイトメアしかありませんのでナイトメアの自壊時期には注意しましょう
・巫女より先に男子学生が死亡した場合は2d事件の発生を狙いましょう
・ホラーの能力は【ターン終了フェイズ】に発動のため、医者の友好とホラー能力を誤認させることはできません

☆ループ1
お嬢様に移動縦、巫女に不安+1、神社に暗躍+1を置きます。対策されなければ巫女を殺害できるでしょう。巫女が殺害できればお嬢様はそのまま自壊させて構いません。
あとはひたすら巫女に不安と暗躍を積むだけの簡単なゲームです。暗躍はタタリガミ誤認のために置きます。4dの冒涜も発生させ、5dの蔓延を必ず発生させてください。
そして【5dのターン終了フェイズ】に主人公を殺害します。
こうすることで怪物の正体を絞れなくします。巫女がタタリガミorヒトガタ、更に他のキャラにウェアウルフ誤認をさせることができます。ウェアウルフ候補は患者辺りがやりやすいと思います。

☆ループ2
巫女殺害を狙っていると見せかけつつ、ナイトメアを初手で自壊させましょう。ルールXは透けますが問題ありません。ナイトメアが自壊したら何事もなく平和な日常です。

☆ループ3以降
主人公がナイトメア殺害時期の調整に入るはずなのでループの突破がかなり苦しくなってきますが、呪怨ポルターガイストの能力を行使して巫女殺害前にお嬢様が死なないよう工夫してください。
最終ループを突破できれば勝利はほぼ確実です。

★おまけ
元ネタに忠実にやるならば男子学生も殺害しましょう
(ただし巫女の殺害を疎かに男子学生を殺すと敗北の可能性があります、上手く調整してください)
冒涜の犯人が女子学生なのはニセモノ注意報の流れを汲んでいます

ジブン観察日記

『やっと見つけた』

公開シート

ループ回数:4
1ループ日数:5

1日目:代行者
3日目:魔獣の解放
5日目:百鬼夜行

非公開シート

Y:鏖の悪魔
X1:ゾンビパウダー
X2:深きもの

男子学生:マジナイシ
女子学生:ホラー
お嬢様:パーソン
巫女:モンスター
刑事:パーソン
サラリーマン:パーソン
情報屋:パーソン
医者:ナイトメア
入院患者:ゴースト

1日目:代行者/入院患者
3日目:魔獣の解放/男子学生
5日目:百鬼夜行/サラリーマン


主人公になれない冴えない男。その男が見つけた電子日記から全てが狂いだす。
というわけで平凡なパーソンさんが主人公です。平凡なはずの毎日なのに、何故か、そう、何故か何かがおかしいのです。

昨日、近所で誰かが死んだらしい。――へえ、まあ、珍しい話じゃないよな。
昨日、バケモノが出たらしい。――へぇ、もしかしたらこいつ近所に住んでるのかもな(笑)

今日、 いや、ちょっと待ってくれ。なんだって、どうして、一体、お前は誰だ?

主人公にとってはモンスターたる巫女をいかにして味方につけるかが重要となります。


☆全ループ共通方針
・原則、EXゲージによる勝利を狙います。ですので、ループ終了は極力最終ターンまで待ってください。
・サラリーマンはできる限り不安を積んでから殺害してください
・代行者でモンスターの正体が透ける可能性があることに注意してください、また、巫女の友好能力で百鬼夜行が止められる可能性があることにも注意し、巫女は極力神社から遠ざけるようにしてください
・モンスターにナイトメアをぶつけてナイトメアの存在を隠すことも可能ですが、勝利条件的にあまり意味はありませんのでナイトメアは基本的にガンガン使いましょう
・主人公の代行者で医者を殺害された場合は、サラリーマン殺害を魔獣orゾンビに頼ることになります、これによる殺害はやや不安定なため、極力序盤に医者を殺されないように祈ってください(初手からいきなり医者を殺す主人公もそういないとは思いますが……)
・隠せる役職はパーソンorゴースト。全てのルールは主人公に透ける可能性が高いので、ゾンビの絶対友好無視の効果で上手く主人公を惑わしましょう。


☆ループ1
医者に移動縦、男子学生に移動横、サラリーマンに不安1を置いてサラリーマンを即死させます。
次のターンでは男子学生に不安を置きつつ、都市と神社に暗躍を積みます。マジナイシは特に能力を隠す必要はありません。必要とあればガンガン使いましょう。
あとは巫女に妨害されないよう注意しながら百鬼夜行を発生させれば完成です。余った手はパーソンや非パーソンに暗躍をばらまくことに使いましょう。
死体の数が足りている場合はEXゲージは温存しておくのがいいかもしれません。

☆ループ2以降
ループ1でナイトメアorモンスターの正体が割れていることと思われますので、主人公サイドが手に入れた情報に応じて対策を立てます。
・主人公に医者を殺害されてしまった場合
深きものによるEXゲージ増加で次ループの負担を軽くすることを狙いつつ、魔獣でサラリーマンを殺します。魔獣の起動は極力都市で行いましょう。
・主人公に巫女の正体がばれ、百鬼夜行発生が困難な場合
ナイトメアによる殺害を行いつつ、深きものおよびゾンビを併用します。深きもののタイミング的に恐らくループ2・3が一番苦しくなると思われます。また、巫女の友好能力でパーソンがどんどん確定していく可能性があります。巫女の友好は可能な限り禁止してください。



★おまけ
「おまえ」とは誰なんでしょう?
それに該当する人間を作りたかったのですが、このゲームの性質上全く同じ行動を2キャラに取らせるのは困難なので諦めました。とほ。
元ネタに忠実に行くならばサラリーマンの殺害はなるべく遅らせるのがいいですが、そんなことをやっていると負ける可能性が以下略。

ニセモノ注意報

『三日経ったらゲームオーバー 妄想 信じられない』

公開シート

ループ回数:4
1ループ日数:5

1日目:不安拡大
2日目:冒涜
5日目:連続殺人

非公開シート

Y:満月の夜
X1:生と死の境界
X2:深きもの

男子学生:ホラー
女子学生:パーソン
お嬢様:マジナイシ
巫女:ウェアウルフ
刑事:モンスター
サラリーマン:ナイトメア
情報屋:オーバーロード
医者:モンスター
入院患者:パーソン

1日目:不安拡大/お嬢様
2日目:冒涜/女子学生
5日目:連続殺人/男子学生

ちょっとしたギミックのあるシナリオですが、解けてしまえばとても脆弱です。
脚本家はとにかくウェアウルフを悟られないよう、かつ、殺されないように注意してください。また、オーバーロードの位置も透けやすいので要注意。

☆ループ1
サラリーマンに暗躍1、女子学生とお嬢様に不安1を積み、不安拡大を発生させます。
拡大した不安は女子学生、暗躍はサラリーマンに積みます。
ここからが重要ですが、主人公がキャラクターの移動を行わなかった場合、都市にはモンスター、ナイトメア、オーバーロードが居るはずです。
まずナイトメアの能力をモンスターに対して使用し(結果として何も起こりません)、次に「生と死の境界」の任意能力をナイトメアに対して使用します。こうすると結果的にサラリーマンのみが死体となります。
後は2日目の冒涜をサラリーマンに対して行い、5日目までのらりくらりと生き延びます。脚本家は男子学生に不安を積まないようにしましょう。また、暗躍を都市に置くのも効果的です。
5日目のターン終了時に主人公を殺害することで、ウェアウルフ、タタリガミ、ヒトガタの区別を付かなくします。もし主人公がサラリーマンに友好を置くようであればタタリガミ・ヒトガタでないことは透けてしまいますが、EXゲージが1増加するためいずれ役に立つでしょう。

☆ループ2以降
サラリーマンが非タタリガミ・ヒトガタ確定していない場合はループ1と同様に動きます。サラリーマンを殺害できればよいですが、もし主人公が移動を駆使してサラリーマンのみの殺害ができない場合は、オーバーロードと相打ち死します。
後はナイトメアを生き返らせないよう、ウェアウルフを殺害しないように気をつけて動くだけです。

巫女ウェアウルフは巫女自身の能力からいずれ透けます。なので彼女の正体を隠すことに固執せず、彼女を守る手を打つようにしましょう。


★おまけ
「(冒涜から)3日経ったらゲームオーバー」です。不安拡大、冒涜の事件の発生は勝利に直接影響しませんが、物語的には発生させると面白いと思います。
ウェアウルフが巫女、殺人者が男子学生なのはそれぞれ猿の手とメリーさんの流れを汲んでいます。

完全犯罪ラブレター

『そう 僕が殺した』

公開シート

ループ回数:4
1ループ日数:5

1日目:代行者
2日目:蔓延
5日目:繰り返す悪夢

非公開シート

Y:満月の夜
X1:ゾンビパウダー
X2:深きもの

男子学生:ナイトメア
女子学生:ウェアウルフ
お嬢様:マジナイシ
巫女:マジナイシ
刑事:パーソン
サラリーマン:パーソン
情報屋:ホラー
医者:パーソン
入院患者:モンスター

1日目:代行者/男子学生
2日目:蔓延/サラリーマン
5日目:繰り返す悪夢/女子学生


ウェアウルフによる主人公殺害が勝利条件です。
まずは1ループ目には無言で主人公を殺害し、2ループ目〜4ループ目では主人公にウェアウルフを殺害された後の蘇生を果たします。
そしてウェアウルフ殺害の鍵を握るのは代行者とナイトメアなので、男子学生は特に慎重に扱う必要があります。

★ループ1
巫女に移動横、男子学生に移動縦を置いて男子学生を孤立・死亡させ、あとは5日目に主人公を殺害するだけです。
もし男子学生の殺害に失敗し、代行者で主人公に女子学生を殺害されている場合かなり痛いスタートとなりますが、その場合の動きは2ループ目を参照してください。
余った手は他の役職偽装をしつつ、都市などに暗躍を積みましょう。勝利条件上Yはヒトガタを騙るしかありませんのでヒトガタ騙りがお勧めです。

★ループ2以降
恐らく主人公側によるナイトメア自害妨害orウェアウルフ殺害が発生するはずです。ウェアウルフ、ナイトメアは殺しても構いませんが、マジナイシは極力殺さないように気をつけてください。ナイトメアは孤立させる以外にもゾンビの能力で殺害しても構いません。
ウェアウルフの死体は動かせませんので、女子学生が都市で死亡するのは極力避けるようにしてください(巫女が入れないため)。ただ、女子学生が都市に動かされた場合脚本家はホラーの能力を使って生きた女子学生に不安を積むことができます。上手くやりましょう。
万一に備え、EXゲージを積み上げておくのをお勧めします。



☆おまけ
オーバーロードで……と考えてはいたのですが最終的にこんな形に。
女子学生は殺しても蘇ってくるというところがミソです。
マジナイシの顔ぶれですが、お嬢様は単純に実用、巫女は「猿マネ椅子盗りゲーム」の流れを引いています。

猿マネ椅子盗りゲーム

『あなたの願い事5つだけ叶えてあげましょう。』

公開シート

ループ回数:5
1ループ日数:5

1日目:不安拡大
2日目:魔獣の解放
3日目:冒涜
4日目:蔓延
5日目:病院の事件

非公開シート

Y:鏖の悪魔
X1:生と死の境界
X2:死者のダンスパーティー

男子学生:ホラー
女子学生:ナイトメア
お嬢様:パーソン
巫女:モンスター
刑事:ゴースト
サラリーマン:パーソン
情報屋:パーソン
医者:ゴースト
入院患者:オーバーロード

1日目:不安拡大/お嬢様
2日目:魔獣の解放/巫女
3日目:冒涜/女子学生
4日目:蔓延/入院患者
5日目:病院の事件/男子学生


猿マネモンキーは5つの願い事を叶えます。
最後の願いが叶った時には、皆消えてあなたたちも敗北することでしょう。
食い止めるのがあなたたちの役目です。頑張ってください。

★ループ1
不安拡大、魔獣の解放を発生させ、なるべく多人数を殺害します。
ただし初日オーバーロードは誰も殺さないようにしてください。
まずお嬢様と巫女に不安+1、男子学生に移動縦で1d2dの事件を起こし、魔獣とナイトメアで場を食い尽くしていきます。モンスターの正体は明らかになっても問題ありません。

★ループ2
魔獣の解放を狙いつつ、死者のダンスパーティでの決着を狙います。
都市と病院どちらかに死体を作るのが望ましいでしょう。一応都市がお勧めです。
お嬢様と巫女に不安+1、女子学生に移動横を置き、都市と病院は置けそうなほうに置きます。同時に暗躍1、暗躍2を使用すれば主人公に相当のプレッシャーを掛けることができるはずです。

★ループ3・ループ4
冒涜→蔓延のコンボによる病院の事件での主人公の死亡または鏖の悪魔による決着を狙います。オーバーロードを生と死の境界の特殊能力で初日に殺害してください。
女子学生には不安を積み続け、殺さないように注意してください。都市などスケープゴートの多い場所への移動も効果的です。
冒涜のカウンターを患者に積めれば、後は自動的に連鎖します。

★ループ5
主人公も全てを防ぎきるのは難しいと悟る頃でしょう。主人公に応じて作戦を変えてください。恐らく主人公に必要なのはゴーストとパーソンの見分け。
さて、EXゲージは今いくつでしょう……?パーソンの死体をダンスパーティの為に動かして見せるのもアリかもしれません。