読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portal:siro

ダイレクトマーケティングブログ

久しぶりに村妄想。

物語り

昔むかしの話だ。
国境付近の小さな村で惨殺事件が起きて、村人の殆どが死んだ。
……人狼?いやいや、人間の、しかも双子の子供が犯人だったのさ。


双子の名前は男のほうがオスカー、女のほうがホリー。事件当時の年齢は、残念ながら記録にない。
そして、どうして一夜で村人を殺し尽くしたのかも、歴史の闇に埋もれてわからないままだ。
事件が終わった後双子は忽然と姿を消して……その双子が犯人だというのはごく僅かな生き残りからの証言だけだからなあ。


…………何故こんな話をするのかって?
実は私の曽祖父が、その事件の生き残りでね。
老衰で死ぬまでずっと、自分の愛する家族や隣人はどうして殺されたのかということをずっと知りたがっていた。
私も彼の血を継いで、事件の真相に至りたいと願っているんだ。


そのために、こうして旅をしているんだよ。
もし何か知っていたら、私に教えてくれないかな。

村建てより

エログロ有の完全RP村です。
悪鬼=殺人鬼の亡霊(にとり憑かれたPC)という設定で、平和だった村に突然起こる惨劇を演じていただきます。
親しかった友人や家族が突然亡霊にとり憑かれて殺し殺されることへの恐怖や困惑などがメインとなればいいなと思っています。

エログロに関しては、エロ=RP上必要であれば可、グロ=キリング時等積極的にどうぞというスタンスで現状考えております。

あらすじ&舞台設定

舞台は中世〜近代辺りのドイツっぽい雰囲気の田舎村です。海か山かと言われれば山に近いくらいで、それ以外の設定は参加者の皆さんで決めていただければと思います。
ただし、以下の施設は村内に必ず存在することにしてください。
・教会(神父・シスターのPCorNPC、また、在不在は問いません)
・宿屋(ダミーが宿泊します。宿主人(女将)に関してもPCorNPCは問いません)


基本的に雰囲気をぶち壊す現代・非ヨーロッパ的なアイテムを出さなければ問題ありません。

PC設定

PCは原則村人です。旅人設定も一応可能ですが、ダミーが旅人設定なのであまり多くないほうが好ましいです。
年齢性別その他の設定は自由ですが、村設定上、オスカーとホリーは使用しないでください(PCとNPCで同名の人物がいるとややこしいので)

役職設定および言い換え

9人:ダ占降守狂村村村村+悪悪
以後、村人を追加。


悪鬼(オスカー):少年の亡霊。
PCの誰かに取り付き、何らかの理由でかつての惨劇を繰り返そうとしています。

悪鬼(ホリー):少女の亡霊。
PCの誰かに取り付き、何らかの理由でかつての惨劇を繰り返そうとしています。

※どの程度とり憑かれているか(意識が共存している、元の意識が完全に乗っとられている、混ざって1つの意識になっている等)は引いた方にお任せします。
※どちらがオスカーでどちらがホリーかは引いた二方で相談して決定してください。
※殺人を行った理由・行う理由は引いたお二方に丸投げです。好きなようにオスカー&ホリーのキャラを肉付けしていってください。


以下は悪鬼を引いていない場合の基本的な役職の設定です。
悪鬼を引いた場合は以下の役職よりも悪鬼の設定のほうを優先してください。
※余裕があれば両方のRPをしていただければと思います。例えば占い師+悪鬼なら、白ログで悪鬼を探す占い師RPをしつつ、赤ログで「これは信用させるための演技」「元々の魂が強くて完全に身体を乗っとれない」等設定するなど。

村人:普通の村人です。特にこれといった能力はありません。
占い師:亡霊が取り付いているのがわかっちゃったりする村人です。
降霊者:死んだ人間の声を聞くことができる村人です。
守護者:双子の殺戮の手から誰かを守ることができる村人です。
狂人:何らかの理由で惨劇を歓迎している村人です。

吊り襲撃の扱い

吊り:双子の亡霊に取り憑かれている疑いで殺害。
バファリン等どうしても辻褄の合わない場合のみ、襲撃扱いや事故等でも構いませんが、吊られた人は必ず死亡してください。
襲撃:悪鬼による殺害
悪鬼PCによるキリングです。多少のことは夜の闇と混乱が誤魔化してくれるはずですので思いっきりやっちゃってください。

ログの扱いについて

白ログ:メインの描写を行うログです。進行中は白ログでの中身発言禁止。また、全ての設定は白ログを優先とします
そのため、赤ログに関わるような話(このwikiに書かれていない双子の設定など)は白ログで確定描写を行わないようお願いします。伝聞、噂話、想像など回避の余地がある描写にしてください(但し人狼陣営が赤ログで既に決定した設定を人狼COとして白ログで開示するのはOK)
赤ログ:双子の亡霊同士の囁きです。双子を経由することで憑依されたPC同士もテレパシーのような会話をすることが可能です。
中身発言は、村に関係のない雑談は禁止。それ以外の設定すり合わせや相談などは中身記号付きで可です。
灰ログ:ご自由にどうぞ。中身記号に関しても任意です。
墓ログ:死者の世界です。中身発言禁止。また、幽界トーク有の設定にしますので、双子(赤ログ)とも会話が可能です。
(降霊者もいますので(降霊者には当然赤ログは見えません)、墓ログでは悪鬼PCの名前を直接書かないなどの配慮をお願いします)

メモ(白/墓):中身発言可ですが、雑談でメモをむやみに消費するのはお控えください。

村の進行

プロローグ:いつも通りの平和な村です。縁故を組む等自由に動いてください。この時点ではまだダミーは村に来ていない扱いでお願いします


1日目(48h):翌日、一人の旅人(ダミー)が訪れます。旅人は、旅の理由に「昔とある村で起こった事件(ページ上部の物語り)」を話します。昔話だと馬鹿にするか、興味をそそられるかはPCの自由ですが……もしかしたら、その亡霊の存在に気づいた人もいるかもしれません。(亡霊がどこから現れたのかの設定も悪鬼PCにお任せします)


2日目(48h):(前半24h)翌朝、ダミーの遺体が発見されます。明らかに人の手で殺されたような遺体のため、昨夜の村人の行動が村人達によって調べられます。そこでアリバイがない、似た背格好の人間を目撃された、或いは単なる私怨や風評で疑われたPC達が疑われることになります。(PC同士で疑っていただいても勿論OKです)
(後半24h)しかし決定的な証拠がないため、誰が犯人かわかりません。結局、容疑者であるPC達は一晩、全員教会に閉じ込められることになりました。理不尽な疑いに怒るPCもいるかもしれませんが、一晩の辛抱と一夜を教会の中で過ごすことになるでしょう。


3日目以降(24h):PC達以外に誰もいないはずの教会で、人が死にました。様子を見に来たNPC村人達はそれを知ると、一晩という約束をひっくり返し、事件が解決するまでは誰も教会の外には出せないとPC達に告げます。以後、脱出(後述)が成功するまでPC達は教会から出ることができません。しかし、殺人も止まりません。

☆教会には数日過ごすのに必要な食糧はあります。

★教会から脱出を試みても構いません。
脱出を試みる際には白ログで脱出行動(扉を破壊する、窓を叩く、鍵を壊す等のRP)をした上で脱出行動に参加している人間全員でfortuneを振っていただきます。その合計値が「600/村の日付」以上であれば脱出成功です。
例:3dに4人で脱出を試みる場合、4人のfortuneの目の合計が600/3=200以上であれば脱出できます。

1日に行える脱出行動判定は、村全体で(村の日付/2)回までです(端数切捨)。つまり3dには3/2=1回しか脱出行動の判定ができません。(判定を伴わないRPだけならば何度でも自由に行えます)
また、誰か1人が脱出に成功すれば脱出行動に参加していないPCも全員脱出可能になります。
勿論脱出せずにずっと教会の中で過ごしても問題ありません。その辺りはPCの性格や自主性にお任せします。


☆脱出に成功した場合でも、NPC村人からは当然歓迎されませんので結局は逃げ回る場所が教会の中から村全体に広がるだけです。


エピローグ:さて、村人は双子を倒せたのか否か。
答えは神のみぞ知る。
適当なところで区切って中身発言を解禁します。

☆エピローグになった場合、脱出は判定無しで絶対成功して構いません。
(一応理論上は真面目に脱出チャレンジしていれば4〜6dの間には脱出できている筈です)

諸注意&連絡

・誰が悪鬼を引くかはわかりません。自分が悪鬼になるかもしれないということを了承した上での参加をお願いします。
・幽界トーク有設定のため、悪鬼、降霊者は進行中のログの量が膨大になります。ご了承ください。

・この村は「悪鬼でRP村を行う」というところをメインに据えているので、悪鬼を人狼に変更する予定はありません。
但し、双子のくだりは「お互いを殺さない前提の殺人犯の亡霊(複数)」であれば挿げ替え可能ですので、もしかしたら変更されるかもしれません。

・悪鬼PCの設定はかな悪鬼PLに丸投げした形になっています。もう少し細かいところまで決めてほしいという要望がございましたらどうぞ。