読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portal:siro

ダイレクトマーケティングブログ

しろとく村妄想してみた

シロ得村とか考えてみた(※俺しか得しない村ともいう)
妄想するだけならタダだってばっちゃがいってた!!


【要約】

テッドを口説きつつ不安定にさせて最終的に裏切ればいいんじゃないかな!!!!!!
それを皆で嘲笑えばいいんじゃないかな!!!!!1!

【世界観】

中近世のヨーロッパ的な感じ(割と適当)
人間関係のドロドロしさだけ取り上げると、寧ろ右代宮家みたいな。

【何をする村か】

シロがテッドで入村するので、ラルフ役の人とベネット役の人は全力でテッドを口説いて*1ください。
それ以外の方はラルフとベネットどちらがテッドを口説き落とせるかに賭け、中立な立場から哀れんだり見守ったりしてください。

最終的にテッドはどちらかに落とされます。テッドを落とした人と、その人に賭けていた人が勝利です。
テッドを手にした後は好きにしてください。何してもいいです。
本当に情が湧いて愛してもいいですし、真実を言い放って壊してもいいです、むかつくから殺してもいいですし、人買いに売っても構いません。

平たく言えば愛のない壁花村です。

【キャスト】

★キャラチップ固定キャスト3人
テッド(siro):
 ・とある大富豪の男と愛人との間に生まれた子供。
 ・愛人の子だから勿論本家に入れてもらえる筈もなく、父親が誰かを知らないまま貧民街で母と慎ましく二人幸せに暮らしていた
 ・ところが男が老いて亡くなり、遺産を全て愛人とその息子テッドに相続するという遺言書が出てきた
 ・遺言書は有効の扱いとなり、突然身に余るほどの大金を手にすることになった上に、男の後を追うように母も亡くなってしまったので、事実上遺産は全部テッドのものになった
 ・が、遺産を手にした途端に母が亡くなったり、貧民街でできた友人たちが金を寄越せと態度を一変してきたり、仕事仲間からも妬まれるようになったので、「必要以上の金は身を滅ぼす、まっとうな職につき、節制に努めなさい」という母の教えの通り、貧民街から普通の街に移り住んで自立するための必要資金だけを貰い、残りは全額慈善団体にでも寄付しようかと考えている

ラルフ:
 ・大富豪の男の大甥*2、テッドから見た場合はいとこ甥に当たり、ベネットとははとこの関係になる。
 ・ベネットの家とは昔から犬猿の仲
 ・家ぐるみでテッドが相続した遺産を狙っている(理由はお任せ)

ベネット:
 ・ラルフの家とは別の、大富豪の男の大甥。*3、テッドから見た場合はラルフと同じくいとこ甥。ラルフとははとこの関係になる。
 ・ラルフの家とは昔から犬猿の仲
 ・家ぐるみでテッドが相続した遺産を狙っている(理由はお任せ)


(ラルフを大甥、ベネットを本妻の孫にする案もあったけれど今のところは没)
(いとこ甥なんて関係には当たるけれども、テッドは大富豪の男の50だか60だかの時の子供ってことで、3人の年齢はだいたい同じにしたい)
(ちなみに参考資料:wikipedia 続柄 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%9A%E6%9F%84 )



☆キャラチップ自由キャスト*4

その他親族(残り人員):
 ・ラルフの家族、ベネットの家族、元々遺産相続権のない遠縁の親族、親族の使用人、親族の友人等の関係者。
 ・親族間の余興としてラルフ(の家)が勝つかベネット(の家)が勝つかで賭けをしている
 ・時には静観したり、時にはほんの少し茶々を入れてみたり、紅茶を飲みながら行く末をけらけら嘲笑ったりしている

NPC

ダミー:
 ・ダミーは希望がなかったチップから選びます。ヨアヒム使用希望がなければ多分ヨアヒム。
 ・大富豪の男と本妻の間にできた息子だが、随分と昔に素行の悪さが原因で勘当されているため相続権が無い
 ・身寄りがないならうちに来い、とストレートにテッドに勧誘するが、あまりにも遺産目当てなのが見え見えな態度だったので、テッドに断られる
 ・テッドを養子にしようとしていたラルフの家とベネットの家から「テッドに警戒されたのはお前のせいだ」と嫌われて*5、親族間の縁を切られてしまう

大富豪の男:
 ・お金をいっぱい持ってて、本妻と両親は他界済み、ということ以外何も決めてません
 ・なので好きに弄ってください
 ・愛人とテッドに全部譲るという遺言書がなければ、大富豪の男の遺産は本来、大富豪の男の兄弟姉妹(つまり、ラルフの祖父(母)とベネットの祖父(母))で、等分されるはず、でした

【役職配分】

 ※ゲームルール「ミラーズホロウ」を採用
  ミラーズホロウ細則:
   ・役職「村人(つまりテッド)」が死亡したら人狼(今回は一匹狼)勝利
   ・ただし、一匹狼陣営は「死んだら負け」。なので、ラルフとベネットどちらかしか勝利できません。
 ・テッド:村人
 ・ラルフ:一匹狼
 ・ベネット:一匹狼
 ・親族:共鳴者(念波之民でもC国狂人でもそこにしか聞こえない会話ができる職ならOK)

【吊り襲撃】

 ・吊り
  テッドがどちらかに落ちるまでは、親戚組から適当に死亡フラグ(※ただの退席ロール)をして吊られていってください。
  バファリン>寡黙>RPでの死亡(退席)フラグの優先度でいきます。
  テッドがラルフorベネットを選んだ時は、選ばれなかったほうが処刑対象になります。

 ・襲撃
  原則パスしてください。
  襲撃が発生するのは、同日に複数人バファリン対象者が出るなどのやむを得ない場合と、
  テッドが落ちた時にテッドに襲撃する場合の2つのみです。

(つまり、テッドがどちらかに落ちた場合は、▼テッドに選ばれなかったほう、▲テッドとし、
テッドに選ばれたほうの一匹狼の一人勝ちになります)

【舞台&進行】

プロローグ:
 ・大富豪の男(主)が居なくなった屋敷に、ダミーが我が物顔で居座っています
 ・使用人たちは、勘当されているとはいえ主の実の息子であるダミーに出ていけとは言えず、仕方なく身の回りの世話をしています
 ・ダミーはテッドを養子にして遺産を実質的に自分の物にしようと、屋敷にテッドを呼びつけました
 ・その噂を何処かから聞きつけたラルフとベネットが、ダミーに遺産を取られてたまるかとやってきました
 ・更にその噂を聞きつけた親族たちが物見遊山でやってきます

1d:
 ・テッドが屋敷に到着します
 ・ダミーがテッドに養子になる話を持ちかけ、断られます
 ・ラルフとベネットが遺産を手に入れようとテッドに近づきます
 ・親族たちの誰かが面白がって賭けを提案します
 ・親族たちがテッド、ラルフ、ベネットに接触すること自体は構いませんが、ラルフとベネットが遺産目当てであることをテッドに教えたり、賭けが行われていることを教えるのは「賭けが成立しなくなるから」という理由で禁止されます。

2d以降:
 ・ラルフとベネットが強権を発動してダミーを追い出します
 ・以後、賭けに飽きたり、用事があったり、自らの勝利/敗北を確信したりした親族PC達が静かに屋敷を去っていきます

 ・テッドの信用を勝ち取り、テッドの身柄を何らかの形で引き受けることに成功したほうが勝利です
  (展開にもよりますが、村が4〜7dの間に決着がつくようにできたらいいなあとか思っています)

エピローグ:
 ・テッドが全ての真実を知る時間です。好きにしてください
 ・賭けを行っていた親族は一体何を賭けたのでしょう、そちらの勝敗の結果もどうぞご自由に

【ログ種別】

 ・白ログ:普通の会話。「テッド・ラルフ・ベネットが白ログで話したことは、何故かその場にいない筈の親族達にも聞こえている」ということにしてください。(恐らく賭けの結果が気になるので誰かに監視させているのでしょう)
 ・赤ログ:ありません
 ・秘話:内緒話です。物理的に可能な手段での会話をお願いします(テレパシー禁止)
 ・共鳴ログ:賭けが行われている親族たちのお茶会会場です。賭けの席も結構どろどろしているかもしれません。
 ・墓ログ:お茶会から訳あって退席した人たちが居ます(未定義)。好きに個人ロールを回せばよいと思います。

【レーティング】

えろぐろ。
 相手PLの意思に反しない限りは好きにやっちゃえばいいんじゃないかな!!!!!1!
 ちなみにラルフとベネットがにゃんにゃんしたり、進行中にテッドに手を出すのもアリなんだぜと言っておk




長い妄想だな!
いやいや楽しいからいいの^q^
ちなみにベネット→テッドの壊しで僕がオイシイと思うのは図書館村*6
※テッド僕じゃないけど!寧ろベネット僕だったけど!!!111!
ラルフ→テッドの壊しでオイシイのは手記村4*7
だと思っております えへへ ふへ    思い出すだけでおいしい^q^もっかいやりたい←

*1:騙して

*2:大富豪の男の兄弟姉妹の孫

*3:例えばラルフが大富豪の男の兄の孫なら、ベネットは大富豪の男の妹の孫、みたいな感じ

*4:意訳:自分得のチップで腹黒ぐろすればいいんじゃないかな!

*5:元々嫌われていたとも言う

*6:陰謀州「温度22℃湿度55%の闘い」:http://utage.sytes.net/cabala/sow.cgi?vid=16&game=TABULA&trsid=cabala#newsay

*7:RPAd74「とある結社の手記:4」:http://utage.sytes.net/pretense/sow.cgi?vid=74&cmd=vinfo